審査の方法

C-Finance,com

審査

まず初めに、簡単に表面だけ見て比較すれば、ここの消費者金融はやさしい審査ですが、ここのキャッシング会社は厳しい審査となります。しかし、やさしい審査と言うよりも金融会社には当たり前の様に基準というものがあって、それは各消費者金融ごとに違っています。審査が通れば基準をみたしているという事、NGな時は、ほとんどの場合が最初からNG(基準以下)になってしまうのです。
要するに、先に自分が基準内の会社を比較し見つける事が重要です。

短期間に3社以上の消費者金融に申込みをすると多重債務になる可能性が高いと判断されてしまい、それだけでNGとなってしまう確立が高い様です。3社申込みをしたら個人信用情報機関に記録が残ってる1ヶ月は、申し込みするのを待ったほうがいいでしょう。

キャッシング会社に申し込んでも、初めから通らない理由もあります。それは勤務年数が3ヶ月未満か6ヶ月未満の場合になります。これは、各キャッシング・金融会社によって変わってきますが、左記が最低のラインです。
ラック(延滞/事故)は、もちろんNGです。自宅電話/携帯電話料金未納もNGになります。在籍確認でこの状態だとまずお断りですし、せっかく通っても結果報告時に発覚するとNGになってしまいます。そのような場合にはクレジットカード現金化を試してみるのもいいでしょう。ただし、クレジットカードを持っていないといえkません。

審査時には、本人確認書類の提出が必要となり、だいたい健康保険証のコピーを提出します。その際、有利なのが共済保険・組合保険・社会保険・国民健康保険の順番です。

上記で述べた様に、保険証が共済保険・組合保険・社会保険までの人達を主に属性が高いと言って、認可額も高い場合があります。この場合、消費者金融や消費者金融と提携している銀行系での基準で、他社1件から100万円借り入れしているのと、他社5件から各20万円づつ(合計100万円)借り入れしているのを比較された時に有利なのは、1件で100万円を借り入れている時になります。
他社から既に100万円OKと言う認可が降りている証として、信用性があると受け取られるからなのです。ちなみに、銀行系キャッシングの場合、住宅ローンを組んでいると有利になる場合もあります。

消費者金融系・銀行系・信販系どこのキャッシング会社でもそうですが、審査がスムーズに進まない事を嫌います。
これは、待つ側も嫌だと思いますが、する側もいやなのです。勤務先の在籍確認がなかなか取れない、申し込み書だけ先に送られてきていくら待っても本人確認書類が来ない、来ても更新されていない、無効な書類だ、申請項目に不備・間違いがあり確認の電話をしているのに何日たっても連絡がつかないなど、こうなってしまうと、申し込み者がしっかり気を付けていれば何の弊害もなくスムーズにいくはずが他の人の倍以上時間も経費もかかってしまいます。
このような時にはせっかくOKになる審査でも“この人はだらしないので返済日を守らないのではないか。と考えられてしまい、融資した後のトラブルになりやすいお客様として、まれにNGにされてしまう場合があるそうです。
いくつかの企業は、申し込み者の性格、生活態度までを組み込む審査をしていると言われています。

キャッシングというと少し軽いイメージがあるのかもしれませんが、これは企業との立派な契約になります。ご利用の際は自分の為にも気をひきしめ、きちんと確実に対応していきましょう。また現金化 即日を利用する場合でも1つの契約に似ている所もありますのできちんと対応をして下さい。

check

最終更新日:2015/5/1

ページのトップへ
copyright