賢い借り方

C-Finance,com

賢い借り方

「キャッシングはしない方がいい」

一番駄目なのは、返す算段が立たないまま無計画に借りてしまうことや、「どこでもいいや」という感じで適当なところから借入を行ってしまうことなのです。
これはさすがに危険ですね。これが借金の火種になります。抱えてしまった借金は返済が難しくなるため、任意整理や自己破産などの法的な手続きに頼るケースも少なくないのです。

まず、「賢く借りる」には何を重視すればいいのか?

それはズバリ、『金利』です。とにかく、まずこれを最優先に考えるべきでしょう。なぜなら、キャッシングで苦しむ最大の要因が金利にあるのです。金利とは、本来払う必要のない、非生産的な出費です。これをできるだけ抑えようとするのは当然の事です。また、クレジットカード現金化 比較のようにキャッシングする時も比較をする事が大切です。

では、どこで借りるのが一番金利を抑えられるのでしょうか?

一番いいのは、銀行や公的金融機関から借りることです。それが一番金利が低いのです。ただ、こういったところから借りるには手続きが非常に面倒で、うんざりするくらいの書類や面接をクリアしなければならない事もあります。
主には事業を興したりする時に利用するもので、ちょっとした生活費を借りる場合にはあまり現実的な方法ではありません。

現実的な手段としては、やはり消費者金融です。
しかし、普通の消費者金融ではなく「銀行系」がいいです。
前にも紹介しましたが、銀行系消費者金融とは、銀行と消費者金融会社が共同で出資して作られた会社の事です。特徴として、通常の消費者金融より審査が厳しい分、金利が安く設定されているのです。
借りるのが初めて、もしくは初めてに近いような場合は、迷わず銀行系を選択しましょう。それでも心配ならカードでお金を得る方法もありますので、そちらを考えてみてはいかがでしょうか

短期間の借入予定ならば、無利息期間がついている消費者金融がお勧めです。

とにかく、賢く借りれるかどうかは「いかに金利の低いところから借りれるか」にかかってるのです。
この部分では妥協しないでください。キャッシングの考え方についてはこちらをご覧ください。

おまとめローン

消費者金融などからの借入れ件数が増えてくると、どこから幾ら借りているのか、よくわからなくなってくることがよくあります。また、「今日はA社、明日はB社」というような返済日がわずらわしくなることがあります
これらを解消するために、全ての借入れを1社にまとめることを「おまとめローン」または「一本化」と言うのです。

おまとめローンをする際に、より金利の低い業者から借り替えることで、トータルの返済額を低くする目的でもよく用いられます。うまく利用することが、返済がわかりやすくなる上に、返済額を少し減らすことも可能です。

しかし、おまとめローンをする場合は注意が必要です。ここで悪徳業者に捕まってしまうケースもあるのです。おまとめローンをするなら、安心できる業者であるかしっかりと確認してから行うようにしましょう。

pickup
ロレックス高価買取

Last update:2017/2/16

ページのトップへ
copyright